マンション貸す事で家賃が入りローンの支払いも楽になりました

転勤でマンションを貸す人達は多い

マンションを貸すため一括査定を利用した転勤でマンションを貸す人達は多い不動産に相談した方が計画的な家賃設定ができる

しかし、査定額がローンの借入額とそれほど変わらない、多少の利益が欲しかったなどもあり、がっかりしてしまったのです。
勿論、3500万円で売れる保証はありませんし、ネットの不動産一括査定は机上査定と呼ぶもので、現状が加味されていません。
築年数としては1年程度になりますが、現状を加味した場合には、査定額はさらに下がる可能性がある、売却時に値引き交渉が行われるとさらに金額が下がるなど、売却をすると逆にローンの支払いを自腹しなければならない可能性も出て来ると予測しました。
売却が駄目なら部屋を貸し出す方向で考えるようになったのは、不動産投資についての情報をネットの中で見た時でした。
たまたまネット広告があって不動産投資はどんなものなのかアクセスしたのがきっかけで、このような方法でマンションを貸し出せば家賃収入が入る、ローンの支払い分以上の家賃が入れば、固定資産税の支払いも出来るなどと考えるようになりました。
問題は、賃貸の部屋として貸し出す場合、どのようにすれば良いのか分からなかったので、地元でも地域に強い不動産会社を利用して相談に出掛けました。
事情を話すと不動産会社の担当者は、同じような形で賃貸経営をしている人は多いなどを教えてくれました。
同じような形と言うのは、自分達のように転勤により部屋を貸し出している人が多いと言う事でした。