マンション貸す事で家賃が入りローンの支払いも楽になりました

不動産に相談した方が計画的な家賃設定ができる

マンションを貸すため一括査定を利用した転勤でマンションを貸す人達は多い不動産に相談した方が計画的な家賃設定ができる

不動産投資は投資として行うもので、自分達が住んでいる部屋を貸すなどと、紐づけが出来ていなかったため、こうした方法を利用すればマンションを売らずに済みますし、人に貸せば家賃の収入も入ると言う事を知ったわけです。
家賃や敷金、礼金などについてどのくらいの金額で設定をすれば良いのか分かりませんでしたので、単刀直入に家賃は幾らにすれば良いのかを尋ねました。
予め家賃相場を調べてくれていたようで、築1年の物件である事や住宅設備のグレードもあるなどからも14万円の家賃設定で入居者募集をするのが良いとの事でした。
他にも管理費として毎月1万円を別途徴収する形にし、合計15万円の収入を毎月得る事が出来るようになったのです。
ちなみに、マンションには管理費や修繕積立金などがあるので、家賃収入からローンの支払いと毎月の管理費および修繕積立金を支払うと、僅かではありますが利益が出て来る事が分かりました。
但し、固定資産税を全額納めるだけの利益はないので、税金については自腹になってしまいますが、色々な話を聞いている中で、入居時には礼金が入る、更新月には家賃1か月分の収入が入る事が分かり、これらの費用を使えば納税の足しにもなると感じたのです。
また、遠方での生活になるのでマンションの管理についても依頼が出来て安心しました。